ティファール 電気ケトル 0.8L|シンプルで可愛い|BF805170

スポンサーリンク
ティファール 電気ケトル アプレシア プラス BF805170おすすめ家電

元家電バイヤーが話題の家電についてホンネで語るコーナーです。

家電アドバイザーの資格を持っている僕がズバッと切り込んでいきますよ!

ティファール 電気ケトル 「アプレシア プラス」 コンパクトモデル カフェオレ 0.8L BF805170
T-fal (ティファール)

 

スポンサーリンク

アプレシアプラス(BF805170)の特徴

  • コンパクトで本体は535gと軽量
  • 日本で20年愛される調理器具メーカー
  • あっ! という間にすぐ沸く

 

家電バイヤーからのコメント

「あっ! という間にすぐ沸くティファール」といったCMでおなじみのティファール電気ケトルの紹介です!

カップ1杯程度なら1分かからずに沸かすことができるので、たしかにあっという間ですねw

 

ティファールは世界で初めて電気ケトルを開発したメーカーで、日本では2001年から販売を開始したそうです。これまでの累計販売台数は2,000万台を突破したようで、日本で一番売れている電気ケトルと言って間違いないですね。

それまで電気ポット文化だった日本の湯沸かし事情を変えたオピニオンリーダーです。凄いことですよ!

 

そんなティファールなので長年根強い人気があるのですが、その中でも特に人気なのが「アプレシアプラス」。コロッとした可愛いデザインが好評で女性に人気でなんですよ!

僕も昔はアプレシアプラスを使っていたんですけど、その時付き合っていた彼女に「可愛いから交換して!」と言ってジャスティンプラスと交換させられました・・・。

 

 

これですね。いや、たっぷり沸せて嬉しいんだけどさ・・・。

仕方ないので今でもこれを使っていますよw

 

旧型・新型・類似商品との違い

先程挙げたジャスティンプラスと、このアプレシアプラスの2つがティファールの売れ筋商品ですね。

パレートの法則じゃないですけど、電気ケトルの8割くらいの売上をこの2つのシリーズが作っているんじゃないですかね。それくらい目にする機会が多いです。

 

電気ケトルって基本的に湯が沸かせれば良いので、色んな商品がある中でそれでもこれだけ売れているというのは先駆者利益がありますね。他にも安全性や機能性に優れた商品はあるわけで。

どこを重視するかはあなた次第ですが、アプレシアプラスも使い易くて便利なのは間違いないですよ!

 

アプレシアプラス(BF805170)のスペック・発売日

簡単なスペック

※横にスクロールできます

カフェオレ、シュガーピンク、スカイブルー
容量0.8L
コードの長さ1.3m
消費電力1250W
サイズ幅22×奥行15×高さ18cm
重量750g

メーカー製品情報ページ

 

発売時期

2014年10月

 

こんな人にオススメ!

  • 少量のお湯をサッと沸したい人
  • ティファール製品を使い慣れている人

 

こんな人には向かない

  • フタを外して手入れしたい人
  • ドリップコーヒーに少量ずつお湯を注ぎたい人

 

BF805170のクチコミ

最近買った家電の中で一番買ってよかったと思えました。お湯がすぐ沸くので良かったです。メーカーさんに怒られそうですが、ウィンナーソーセージを茹でるのに最適です。ほっとけば茹で上がるのですっごい便利です。

3年前に全く同じ商品を購入し、2年間、1日に5,6回使用し続け、とうとう先日蓋の部分が壊れてしまったので、再び同じものに買い換えました。このお値段でこんなに使えたのなら、コストパフォーマンスは十分かと思います。お水を入れてスイッチをONするだけですぐにお湯が湧き、お湯が沸くと勝手にスイッチが切れるので、80代後半の祖母も安心して毎日使用しています。

電気代はどの程度かはわかりませんが、とにかく早いです。そして、めちゃくちゃ熱いです。湯呑が熱すぎて持てないぐらい熱いです。カップラーメンなんには最適だと思います。

amazon.co.jp – より引用

 

ティファール 電気ケトル 「アプレシア プラス」 コンパクトモデル カフェオレ 0.8L BF805170
T-fal (ティファール)

 

Top photo is : amazon.co.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました