シャープの空気清浄機KI-JX75とKI-HX75はどう違う?口コミは?

スポンサーリンク
シャープ プラズマクラスター25000 加湿空気清浄機 KI-JX75おすすめ家電

元家電バイヤーが話題の家電についてホンネで語るコーナーです。

家電アドバイザーの資格を持っている僕がズバッと切り込んでいきますよ!

 

スポンサーリンク

加湿空気清浄機(KI-JX75)の特徴

  • 高濃度プラズマクラスター25000が優秀
  • 広いお部屋でも間に合う強力な空気清浄能力

 

家電バイヤーからのコメント

シャープのプラズマクラスター25000搭載、加湿空気清浄機「KI-JX75」

  • 「花粉症などのアレルギーで大変!」
  • 「ニオイやホコリが充満している部屋なんて無理!」

こういった方に特にオススメなのがこちらの商品です。

何が良いって、シャープの空気清浄機でも一番高スペックの商品ですよ?
これでダメならもうどの商品使ってもダメじゃんっていうw

具体的な機能で言うと、プラズマクラスター(マイナスイオン)の濃度は高いし、広いお部屋でもくまなく空気を循環させる能力が備わっているし、交換目安約10年の高性能なフィルターが備わっているし、もう言うことなしでしょ!

デメリットを上げるとすれば少し大きい点と、機能に比例して値段が高くなる点くらいだけど、値段なんてそりゃ良いものだから高くなって当たり前なんですよ。

むしろそれくらいの投資をすれば悩みが解決できるんだったら、むしろ安いもんでしょって思いますけどね!

 

KI-JX75とKI-HX75の違い

2018年発売のKI-JX75と2017年発売のKI-HX75の違いは、COCORO AIRといったAI(人工知能)機能のうちの「みまもり」と「ペット専用運転」があるかどうかです。

新しい方のKI-JX75には上記の機能が付いていますよ。
でも正直、このAI機能を活用している人を見たことがないw

シャープの製品だとレンジや冷蔵庫、ロボット掃除機なんかにも付いていますが、「何かいちいち喋ってむしろいらない」なんて声も・・・。
よっぽどその部分に需要を感じる人は別ですが、そうでない人は安い方を買っちゃいましょう!

 

今だと型落ちのKI-HX75が断然お得ですよ。
この差も徐々になくなってくるし、何より自分のために少しでも早く高性能の空気清浄機を手に入れることがプラスなので迷ってる時間が勿体無い。

プラズマクラスター25000はマジで間違いないのでオススメです。

 

加湿空気清浄機(KI-JX75)のスペック・発売日

簡単なスペック

※横にスクロールできます

タイプ加湿空気清浄機
適用床面積~34畳(56m²)
浄化方式「プラズマクラスター25000」
空中浄化&フィルター浄化
コードの長さ1.8m
サイズ幅40.5×奥行31.6×高さ66.6cm
重量約12kg

メーカー製品情報ページ

 

発売時期

2018年11月

 

こんな人にオススメ!

  • 高濃度のプラズマクラスターで空気の汚れを浄化したい
  • 少しでも効果を高めたい

 

こんな人には向かない

  • 場所を取る空気清浄機は困る
  • 広い部屋で使用することがない

 

KI-JX75(KI-HX75)のクチコミ

花粉症対策で購入しました。完全ではないけど、やや楽になった感じがします。

外出から帰るとランプが真っ赤に。次第に薄くなり青へ。しっかりと仕事してくれている実感。非常に満足!衣類のケアにも使えて妻が喜んでいます。

花粉に耐えきれず購入しました。使用してから数日間ですが、空気が綺麗になったなどの実感はあまりありません。ですが、夜中に鼻づまりで目が醒めることや、室内でくしゃみが止まらなくなることは無くなったので、効果は確かにあると思います。

amazon.co.jp – より引用

 

 

Top photo is : amazon.co.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました