名古屋でリノベーションするなら!オシャレなリノベ会社まとめ[完全版]

スポンサーリンク
名古屋のリノベーション会社まとめリフォーム・リノベ

名古屋でリノベーション会社をお探しの皆さん、こんにちは!

今回は、これまで友人の不動産探しやリノベーション10件以上に関わってきた僕が「どうせ説明するなら」と名古屋にあるオシャレにリノベーションできる会社をまとめました!
毎回説明するより「この記事見て!」って言った方が早いってことに気がついたんですよね。

名古屋市内じゃなくても愛知県内であれば名古屋のリノベーション会社を選ぶ人も多いし、そういった方の参考になれば・・・といった想いでまとめまました!

「リノベーション会社を選ぶ時のポイント」なんかも紹介しているので、是非チェックしていって下さいね。

 

スポンサーリンク

名古屋のリノベーション会社10選

まずは名古屋のリノベーション会社を一覧にまとめました!(随時追加)
詳しくは表の後で解説していますよ。

名称ホームページ所在地設立
reno-cube (リノキューブ)https://reno-cube.jp/名古屋市東区2006年
8 EIGHT DESIGN(エイトデザイン)https://eightdesign.jp/名古屋市昭和区2010年
KULABO(クラボ)https://kulabo.co.jp/名古屋市中区1987年
REAL(リアル)https://real-inc.jp/名古屋市中区2000年
la CASA(ラ・カーサ)https://www.lacasa.co.jp/名古屋市中区1902年
N.style建築工房https://www.n-stylekk.co.jp/名古屋市西区2016年
NextColors ネクストカラーズhttp://nextcolors.com/名古屋市中村区2014年
Anest one(アネストワン)http://www.anestone.com/名古屋市名東区1998年
リノマ不動産http://rinoma.jp/名古屋市中川区2006年
リノベ不動産|MIYABIhttps://rinobemiyabi.jp/名古屋市緑区

※順不同

 

名古屋市東区のリノベーション会社

reno-cube (リノキューブ)

  • 運営会社:株式会社桶庄
  • HP:https://reno-cube.jp/
  • 設立:2006年
  • キャッチフレーズ:名古屋で先駆けてリノベーションを手がける
  • 特徴:明治5年創業の老舗企業が手がけるリノベーション事業

リノベーション、リフォーム、不動産事業を手がける桶庄グループのリノベーション事業「reno-cube (リノキューブ)」。住宅では物件探しからリノベーションまで行うワンストップ型のサービスを提供しており、その他にも店舗リノベーションまで行っている。

 

 

名古屋市昭和区のリノベーション会社

8 EIGHT DESIGN(エイトデザイン)

  • 運営会社:エイトデザイン株式会社
  • HP:https://eightdesign.jp/
  • 設立:2010年
  • キャッチフレーズ:「楽しむ」をデザインしよう!
  • 特徴:株主⇒名古屋鉄道株式会社

人気カフェ「ハチカフェ」も手がける有名デザイン会社。名鉄が株主で信頼感もあり、デザインに関してはHP上で事例が多く公開されていてクリエイティブ性も高い印象。

 

 

名古屋市中区のリノベーション会社

リノベーションスタジオKULABO(クラボ)

  • 運営会社:アップレボ不動産販売株式会社
  • HP:https://kulabo.co.jp/
  • 設立:1987年
  • キャッチフレーズ:あなたの暮らしにぴったりのリノベーションを
  • 特徴:不動産業者が展開するリフォーム、リノベーション事業

不動産仲介、分譲住宅、注文住宅まで手がける不動産業者のリノベーション事業「KULABO」。30年以上積み重ねた物件に関してのノウハウがある、実力のある会社。

 

 

リアリノ(Rea Reno)

  • 運営会社:株式会社リアル
  • HP:https://real-inc.jp/
  • 設立:2000年
  • キャッチフレーズ:東海エリアNo1 宣言!不動産リノベーションのことなら
  • 特徴:不動産事業メインの会社で物件の取り扱いには長けている

中古リノベーションでテレビにも出ていて、不動産業に強みを持つ会社。定額制リノベーションがあり、予算に合わせたデザインが可能です。

 

 

la CASA(ラ・カーサ)

  • 運営会社:株式会社ラ・カーサ
  • HP:https://www.lacasa.co.jp/
  • 設立:1902年
  • キャッチフレーズ:JOYある豊かな暮らし
  • 特徴:明治創業の老舗企業が運営する注文住宅及びリノベーション事業

建設、店舗デザイン、ガーデン、不動産、インテリア、雑貨販売、そしてもちろんリノベーションと幅広く手掛ける歴史のある企業。

 

名古屋市西区のリノベーション会社

N.style建築工房

  • 運営会社:仲建設株式会社
  • HP:https://www.n-stylekk.co.jp/
  • 設立:2016年
  • キャッチフレーズ:名古屋で木のマンションリノベーション!
  • 特徴:木を基調とした自然素材を生かしたデザイン

親会社は60年以上の歴史がある、自然素材を活かした注文住宅を手掛ける建設会社。リノベ会社としての歴は浅いが、ノウハウはあるので信頼できる。

 

名古屋市中村区のリノベーション会社

NextColors ネクストカラーズ

  • 運営会社:ネクストカラーズ株式会社
  • HP:http://nextcolors.com/
  • 設立:2014年
  • キャッチフレーズ:ワクワクの、その次へ。
  • 特徴:設立から間もない

若いデザイン&リノベーション会社。VRで実寸大のデザインを確認できるのが斬新。

 

名古屋市名東区のリノベーション会社

Anest one(アネストワン)

  • 運営会社:株式会社アネストワン
  • HP:http://www.anestone.com/
  • 設立:1998年
  • キャッチフレーズ:暮らしを、つなぐ。
  • 特徴:見学会やイベントを定期的に行っている

デザイン性が高い一級建築士事務所。施工事例も豊富で、さまざまなデザインから自分に合ったものをイメージできるのがポイント。物件の取り扱い歴は短い。

 

 

名古屋市中川区のリノベーション会社

リノマ不動産

  • 運営会社:有限会社鳳建築
  • HP:http://rinoma.jp/
  • 設立:2006年
  • キャッチフレーズ:物件探しから暮らしの先まで
  • 特徴:新築注文住宅を中心として建築を行っている工務店

リノマ不動産はこれまで住宅の建築を行ってきた工務店。物件の取り扱いを始めたのは最近で歴史は浅い会社。対応地区は名古屋を中心として愛知県と、岐阜、三重と東海地方で幅広く対応している。

 

名古屋市緑区のリノベーション会社

リノベ不動産|MIYABI

  • 運営会社:株式会社武市ウインド名古屋
  • HP:https://rinobemiyabi.jp/
  • 設立:
  • キャッチフレーズ:いままでにないワクワクを!
  • 特徴:物件仲介歴10年以上と取り扱いに慣れている

店舗デザインをはじめとする空間デザイン、住宅建築、物件の取り扱いまで行う不動産会社。広告業まで幅広く行える。

 

全国規模で展開しているリノベーション会社

リノベる。

  • 運営会社:リノべる株式会社
  • HP:https://www.renoveru.jp/
  • 設立:2010年
  • キャッチフレーズ:らしい暮らしを、見つけよう
  • 対応エリア:全国
  • 特徴:中古物件のリノベーションに特化したワンストップリノベーション会社

 

 

リノベーション会社を選ぶ時のポイント

ワンストップかどうか

物件探しから始める時は、ワンストップリノベーションの会社を選びましょう!
ワンストップとは、物件探しからローンなどお金のこと、もちろんリノベーションまで一つの会社で行ってくれるサービスのことです。

既に物件を所有している人であれば関係ありませんが、物件探しをリノベーション会社と別の不動産会社で行うと手間が増えるし費用もかさんで大変ですよ。

 

ワントップの場合は物件の取り扱いに慣れているかも調べよう

元が不動産会社の場合は物件の取り扱いには長けていますが、リノベーション会社があとから物件の取り扱いを始めた場合はその部分が弱いことが多いです。

純粋に「いつから物件の取り扱いをしているか」は調べることができて、それはHPの会社概要を見ることです。
というのも物件の取り扱いをしている会社は、会社概要の欄にほとんどと言っていいほど「宅地建物取引業許可」について掲載しています。

その種類は「国土交通大臣」と「〇〇県知事(愛知の場合は愛知県知事)」と2種類に分けて掲載されているのですが、そのあとに「(1)」と数字が掲載されているんですよ。
宅地建物取引業許可:国土交通大臣(5)みたいな。

これは免許の更新回数を表していて、更新は5年ごとに行われます。
つまり(1)の場合は許可を受けて5年以内の会社ということ。(2)だと10年以内ということになりますね。

ちょっとダラダラと書いちゃいましたが、つまりこの数字が大きいほど物件の取り扱いを始めてからの期間が長いというわけですよ。
まぁ(1)の会社が多いんですけど(笑)

これだけで一概に物件の取り扱いに長けているとは言えませんが、一つの指標として参考にはなりますよ。

 

実績があるか、施工事例が豊富か

デザインを考える際に参考にしたいのが施工事例。

ほとんどの会社はHP上で公開していますが、その事例は多ければ多いほど良いと言えるでしょう。
それがそのまま会社の実績と思っていただければ大丈夫です。

中には施工件数を公開しているリノベ会社もありますが、その件数が多いのか少ないのかは素人目線では分からないですからね。
「1万件か~何か凄い!」って程度ですよ精々。

そういった場合は設立されてからどれくらい経っているかも見てあげると良いでしょう。
長ければいいってもんでもありませんが、短すぎると不安になりますからね。

 

自分のイメージするデザインやライフスタイルに合っているか

「北欧っぽいデザインがいい!」って考えているのに、和のデザインがウリのリノベ会社では理想は叶えられませんよね。
ですので、その会社のコンセプトや施工事例を見て自分に合っているかは見ておかないと失敗しますよ。

先ほど施工事例は見ましょうとお伝えしましたが、あわせてコンセプトも確認しておきましょうね。
コンセプトすら書いていない会社はやる気がない会社です。それと、書いてあっても抽象的すぎて何が言いたいか分からないってことも多いですね。

一生に一度しかないかもしれないイベントなので、後悔しないようにしっかりと下調べはしましょう!

 

まとめ:結局は実際見てみないと分からない

元も子もないことを言っちゃうと、結局は良いなと思った会社でも実際にいくつかショールームを見に行ったりイベントに参加したりして話を聞いてみないと何も分からないんですよね~

なので良いなと思った会社をいくつか回ってみることをオススメしますよ。
その中から実際の雰囲気を含めて自分に合っていると思える会社を選ぶのが賢明です。

といった感じで締めさせて下さい!

 

もし「読んでも全然分からなかった。」ということであれば、コメントなりでご連絡いただければ回答するので、気軽に聞いてくださいね。

皆さんに素敵な暮らしができる空間が手に入りますように。

コメント

タイトルとURLをコピーしました