NC-A57とNC-A56の違いは「デカフェ豆コース」の有無!

スポンサーリンク
パナソニック コーヒーメーカー NC-A57おすすめ家電

元家電バイヤーが話題の家電についてホンネで語るコーナーです。

家電アドバイザーの資格を持っている僕がズバッと切り込んでいきますよ!

 

スポンサーリンク

沸騰浄水コーヒーメーカー(NC-A57)の特徴

  • 豆から挽きたてのコーヒーが全自動で味わえる
  • 全自動なのに手入れが楽
  • 4通りの味をたのしめる
  • トレンドの「デカフェ豆」コースを新搭載

 

家電バイヤーからのコメント

パナソニックのコーヒーメーカー「NC-A57」は、豆を挽くところから抽出まで全自動で行えて前のモデルから根強い人気。
その使い易さや手入れのし易さから、多くの人から高い評価を得ています!

挽きたてのコーヒーって香りが立って美味しいですよね~

本当にこだわる人は生豆から焙煎したり手動のミルで挽いたりしますが、さすがにそこまでするのは面倒という人も多いと思います。
そんな時に豆を買ってきて入れるだけでボタン一つで勝手にコーヒーができあがるのが、この商品の良いところ!

手を煩わすことがなく簡単に挽きたての美味しいコーヒーを飲むことができます!
今はコンビニコーヒーが普及して手軽に安く美味しいコーヒーが飲めますが、それでも家ですぐにコーヒーが飲めるのはありがたいですよね。

全自動のコーヒーメーカーではこの「NC-A57」がダントツにオススメなので、是非その良さを一度味わっていただきたいです!

 

NC-A57とNC-A56の違いは「デカフェ豆コース」が搭載されているか否か

こちらのコーヒーメーカーは何度かマイナーチェンジを繰り返していますが、前のモデルから人気の商品。例にもれず、発売したばかりなので前のモデルの方が安く購入することができます!

 

NC-A57とNC-A56の違いは?

違いとしては、新製品のNC-A57には「デカフェ豆コース」が搭載されました。

デカフェ豆を使用する予定が無い方は、旧モデルのNC-A56で充分ですね。
あ、デカフェとはカフェインレスのことで、要するにカフェインが入っていない豆ってことですよ!

値段に関しては、発売から時間が経つと段々とこの値差が詰まってくるので、早く購入することをオススメしますよ!
今のところNC-A56の方が断然安く売っています。

 

沸騰浄水コーヒーメーカー(NC-A57)のスペック・発売日

簡単なスペック

※横にスクロールできます

容量5カップ(670ml)
機能ミル、マイコン保温
付属品計量スプーン, ペーパーフィルター
消費電力800W
サイズ幅22x高さ34.5x奥行24.5cm
重量3kg

メーカー製品情報ページ

 

発売時期

発売日:2018年9月

 

こんな人にオススメ!

  • 毎日挽きたてのコーヒーが飲みたい
  • 自分好みの味を調整して楽しみたい

 

こんな人には向かない

  • エスプレッソコーヒーが飲みたい
  • 豆から挽くのは面倒だし高くつく

 

NC-A57のクチコミ

約10年間使用していた、パナソニックNC-A55が壊れたたため、本機を購入。標準設定ですと、コーヒーは若干薄めですので、以前の使用機から水を若干控えて使用。香りも良くコクもあるため、とても気に入ってます。

デザイン的にも機能的にも高いレベルだと思います。コーヒーも良い味が出せます。ただ豆を挽くときの音はすごい。

大変気に入っています。毎日活躍してくれています。

amazon.co.jp – より引用

 

 

Top photo is : amazon.co.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました