WiMAX2+がオススメな理由!プロパイダと機種の違いやWX05をレビュー

スポンサーリンク

ポケットWiFiをお探しの皆さん。

  • 「なんだか種類がいっぱいあって分からない!」
  • 「何を選ぶのが一番お得なの?プロパイダとか機種は何が違うの?」

などと悩んでいませんか?
そうやってよくわからないから先延ばしにして、結局適当に契約しちゃって後悔したなんて話をよく聞きます。

いやー、それは勿体ない!
ポケットWiFiは便利なのは言わずもがなで、メリットも沢山あるから早く契約するべきですよ。

というのも僕は実際に5年以上ポケットWifi(WiMAX)を利用しているので分かりますが、持っていて良かったと思えることが多々あったんですよね。

ですので今回はそんなWiMAXベテランユーザーの僕が、WiMAXをオススメするポイントや、ポケットWiFiについてのあれこれ(プロパイダや機種の違いについて)や、実際に使っている機種WX05のレビューを、ポケットWiFiを検討している皆さんが選びやすくなるように解説していきますよ。

正直他のサイトを読んでいると適当なことを書いていたり、良く分からない数値ばかり並べてあったりしますが、ここでは初心者の方にも理解いただけるように噛み砕いて解説していきます。
変な情報を鵜呑みにして後悔しないように、しっかりと見ていって下さいね。

 

スポンサーリンク

ポケットWi-Fiを契約するなら圧倒的にWiMAXがオススメ

  1. ポケットWifi最大手で累計契約数2000万件以上の実績がある
  2. 多くのプロパイダから自分に合った会社を選べる
  3. 接続できる範囲が広く、電波が安定している

各社から色んなポケットWiFiが出ていますが、僕がWiMAXをプッシュするのはキチンとした理由があります。
せっかくだったら良いものを使って欲しいし、変なところで契約してしまって損してほしくないですからね。

その理由を順番に詳しく解説していきますよ。

 

ポケットWifi最大手で累計契約数2000万件以上の実績がある

まず1つめのポイントは「業界最大手の実績」
なんでもそうなんですけど、一番っていうのはやっぱり何か理由があるんですよ。

累計2000万件以上って単純に人口で割ると6人に1人がWIMAXを使ったことがあるって計算ですからね。
凄くないですか?

実績No.1の会社が一番良いとは限りませんが、シンプルに考えれば一番多くの人が利用しているって安心できますよね。
そんな理由で皆さんもiPhoneを利用しているんじゃないですか?

 

多くのプロパイダから自分に合った会社を選べる

次にWiMAXをおすすめするポイントは、多くのプロパイダから自分に合った会社を選べるということ。
「プロパイダって何?」って方もいるかとは思いますが、契約する会社って思っていただければ相違ありませんよ。

WiMAXというサービスを提供しているのはUQコミュニケーションズですが、WiMAXを契約できる会社は10社以上あるんですよ。
その会社ごとに料金プランや契約体型などが多少違うというわけ。

その中から自分に合った会社(プロパイダ)を選んで契約できるという点が、WiMAXのメリットです。

選択肢は大いに越したことはありませんからね。
僕も実際に最初に契約したプロパイダが自分に合っていないと感じたので、今は別のプロパイダに乗り換えて利用していますよ。

このプロパイダの違いについては、重要なポイントなので後ほど詳しく解説しますね。

 

接続できる範囲が広く、電波が安定している

最後に肝心の電波。
いくら料金が安かったりプランが優れていたりしようが、電波が安定していなければ使い物になりませんからね。

そういった意味でWiMAXのカバーしている範囲は、ポケットWiFiの中でも最高クラスですよ。
山間部になると対応されていない地域がありますが、基本的に都市部はカバーされていますからね。

さらにはLTEの電波を利用できる機種も導入されたので、スマホ(大手キャリア)の電波が入る範囲は基本的に電波が繋がると思っていただければ結構です。
そう考えるとだいたいどこでも使えちゃいますね!

ちなみにWiMAXの電波については下記公式サイトから確認できるので気になるかたはチェックしてみて下さい。
https://www.uqwimax.jp/wimax/area/

 

ポケットwifiの基本的な部分をサラッと解説

  • 料金は月にどれくらい?
  • 電波はどうか?
  • プロパイダで何が違うか?
  • 契約は簡単に行えるのか?

などなど、そもそもポケットWiFiって・・・といった人のために、基本的な部分をサラッと解説していきたいと思います。
既にご存知の方も多いと思うので、気になる方だけお読み下さいね~

 

料金は月に4千円前後

まず料金ですが、月に4千円前後と固定回線よりは少し安い程度です。
契約するプロパイダで多少の差はありますが、そこまで大きく変わることはありませんよ。

 

電波は通常のブラウジングや動画視聴ならストレスなく使える

めちゃくちゃ重いデータを落としたりといった容量を使うような作業だと流石に厳しい時もありますが、日常的な使用方法であれば電波でストレスを感じることはありませんよ。

例えばカフェや公共施設のフリーWiFiなんかと比較してもかなり電波が良く、サクサクと動くイメージ。
流石に雨の日などは少し電波の悪さを感じますけどね。

僕なんかは家でも固定回線の代わりとしても利用していて、光回線を利用していたこともありますが、その時と比べても特に困ったことはなく普通に使えています。

 

プロパイダで変わるのは料金プランやキャッシュバックの有無など

プロパイダ(会社)で違いがあるのは、簡単に言うと料金の部分ですね。
キャッシュバックが多いプロパイダだったり、通常料金が抑えられているプロパイダだったり、端末が無料なプロパイダだったり、それぞれが特徴を付けて販売しています。

ですのでポケットWiFiを選ぶ際は、下記の二つを選ぶ必要があるわけですね。

  • 通信会社
  • プロパイダ

そして僕がオススメしている通信会社がWiMAXというわけ。

 

契約は簡単に行えるのか?

例えばドコモでスマホを契約するように、インターネット上で簡単に契約できちゃうのがWiMAXのいいところ。
スマホを引き合いに出したのは、スマホ同様にポケットWiFiにも2年縛りといった契約があるからです。

各プロパイダは端末を無料にしたり契約から数か月の料金を割り引きしたたりしているので、すぐに解約されたらたまったもんじゃないですからね。
契約自体はスマホよりもっとお手軽ですが、契約に縛りがあることだけは認識しておいて下さい。

 

実際に使ってみて分かったポケットwifiの大きなメリット3つ

  1. 固定回線代わりに使える
  2. どこでもPCが使えるし、通信制限でイライラしない
  3. スマホの通信費が抑えられるし、テザリングよりも安い

もちろん何かしらの目的があってポケットWiFiを検討する方がほとんどだと思いますが、そういったメインの目的以外にもポケットWiFiにはメリットがあるんですよ。

そういった部分や、実際に利用してみて良かったなと思えた点を挙げていきます。

 

固定回線をポケットWiFiに置き換えるメリット

僕が最初にポケットWiFiを検討したきっかけがこれ。
当時の僕は「光回線は確かに早いけど料金が割高だし、ポケットWiFiにしちゃった方が何かと都合がいいんじゃないか?」と考えました。

固定回線をポケットWiFiにするメリットとしては、主に以下の3点。

  • 外出時に持ち運べるのでどこでもPCが使える
  • 外出時に持ち歩けばスマホ料金が抑えられる
  • 引っ越しなどの際に面倒な手続きが不必要

僕は外で仕事をすることが多かったので、場所を選ばずにPCが使えるというのは大きなメリットでした。
カフェのWiFiなんかはセキュリティが不安だし、電波が不安定ですからね。

また、外出時にポケットWiFiを持ち歩けばスマホの料金も抑えられるんですよ。
僕は実際にポケットWiFiを契約した後にスマホの料金プランを見直して、3千円程度安くすることができました。

ポケットWiFiが4千円程度で契約できたことを考えると実質千円で契約できたことになりますからね。
それにあわせて光回線を解約しているので、実質5千円程度浮いた計算ですよ。
なぜもっと早く契約しなかったw

 

ポケットWiFiを固定回線代わりにしておくと引っ越しの時に楽

さらに、僕が一番ポケットWiFiを固定回線代わりに使っておいて良かったなって思ったのは「引っ越しの時がに面倒な手続きが必要なくてめちゃくちゃ楽だった」ことです。

普通だったら、プロパイダを解約して、回線を解約して、新しい家で両者を契約して(もしくは乗り換えて)・・・とめちゃくちゃ手間なんですよ。
新たに回線を引くとなると引っ越してからも待たされるし。

これがポケットWiFiだったら、ただ持って行くだけで引っ越した日から使えるんです。
転勤や出張が多い方なんかもめっちゃ助かるんじゃないですかこれは。

まぁとにかく、これが笑っちゃうくらい楽。
先々で引っ越しをする可能性があると思っていたので、心の底から「ポケットWiFiにしていおいて良かったな~」と思いましたね引っ越した時は。

ちなみに固定回線としてはそれまでと遜色なく使えますよ。
家によっては電波が悪いなど個人差があるかとは思いますが、昔と比べると繋がる範囲も電波も良くなりましたからね。

室内でもストレスなく電波が良いというのは絶対条件ですが、安心して下さい。

 

ただ、固定回線をポケットWiFiに変えてしまうと家族構成などで支障が出る可能性もあります。
しかしその部分のメリットを抜きにしても、料金面などでポケットWiFiを利用する理由になりますからね。

僕も最初は迷っていて決めるまでに1ヵ月くらいかかっちゃったんですけど、いざ契約して使っているうちに「もっと早く契約すれば良かった!」ってことに気が付きましたよ。

迷っている暇があったらさっさと契約しちゃった方が吉です。
損することは何もないので。

 

とはいえ、ポケットWifiが合わない人もいる

  • 電波が入らない地域に住んでいる
  • 外でPCをほとんど使用しない

僕も実家はクソ田舎なんですけどWiMAXの電波がまるで入らなかったんですけよね。
ただ今はLTEが繋がる端末もあるので、それを選べばスマホ(au)の電波が入る地域であれば繋がらないなんてことはありません。

なのでこの電波が入らない問題はほとんどクリアできているのが現状です。

ただ、WiMAX以外を選んだ場合は知りませんよw
通常時の電波が悪いなんて話も聞きますし、他を選んでもいいことはなさそうです。

また、PCを外で使用しない人にとってもポケットWiFiの活用度としては低いですね。
スマホの料金に関しても格安SIMにするなどといった方法を取った方が、手間がかからないし料金を抑えられますからね。

こういった人は無理にポケットWiFiを選ばずに、他の最適な方法を検討してあげて下さい。

 

WiMAXの機種はどれがいい?違いは?

W06とWX05の違いを比較

W06WX05
製品画像W06 製品画像WX05 製品画像
メーカーHUAWEI(ファーウェイ)NECプラットフォームズ
連続通信時間約9時間約11.5時間
バッテリー内蔵(交換不可)電池パック
接続端子Type CType C
通信速度
(ハイスピード)
下り最大558Mbps
上り最大30Mbps
下り最大440Mbps
上り最大30Mbps
本体色・ブラック×ブルー
・ホワイト×シルバー
・ソニックレッド
・ピュアホワイト
サイズ約幅12.8×高さ6.4×厚さ1.19cm約幅11.1×高さ6.2×厚さ1.33cm
重量約125g約128g
対応ネットワーク・WiMAX 2+
・au 4G LTE
・WiMAX 2+
・au 4G LTE

各々のスペックをサラッとまとめてみました。
簡単に特徴を挙げると以下のような感じ。

  • 通信速度はW06(HUAWEI)の方が良いが微差
  • バッテリーの持ちや接続感度はWX05(NEC)が勝る

正直、下り〇〇Mbpsとか上り〇〇Mbpsとか言われても正直分からないと思いますが、両方ともに不満なく使えるレベルの通信速度ですよ。
速度を比較すると多少W06の方が良いですが、正直微差なので気にするほどの違いはありません。

通信速度は数値云々よりも、実際にストレスを感じない速さかどうかが重要ですからね~。

あとはバッテリーの持ちに関してはWX05の方が良いですよ。
バッテリーが電池パックになっていて、いざという時に交換ができることもWX05のメリットです。

 

選ぶならNEC製のWX05が圧倒的にオススメ

製品としては甲乙つけがたい両者ですが、製造元であるメーカーに圧倒的な問題があるんです。

というのも、2019年5月にアメリカはファーウェイを禁輸リストに追加しました。これによってファーウェイはアメリカ製の部品などを使用できなくなったというわけで。

これには2つの理由が考えられます。

  1. セキュリティの脆弱性による情報漏洩のリスクを懸念した
  2. 5Gをけん引するファーウェイにストップをかけたかった

あくまでも僕の仮設ですが、1が表向きの理由、2が理由ですね。
まぁそんな想像での話はどうでもよくて、1が真実だとしたら相当ヤバイでしょって話なんですよ。

本当か嘘かは置いておいて、そんな疑いのかかるメーカーの製品を使いたいと思いますか?
僕だったら絶対に嫌ですね。

まぁ火のないとことに煙はなんとやらとは言ったもので、実際にアメリカという国レベルで動いてきたのはまぎれもない事実。
皆大好きAppleを越えて世界2位のスマホシェアを誇るメーカーと言えど流石に厳しいのではないでしょうか。

ということで、比較するまでもなくNEC製のWX05を選びましょうというのが結論。
スペック面で比較するとちょっとした差だったので、むしろこれで選びやすくなりましたね!

 

NEC製端末「旧型WX04」と「WX05」の違いを比較

WX05WX04
製品画像WX05 製品画像WX04 製品画像
メーカーNECプラットフォームズNECプラットフォームズ
連続通信時間約11.5時間約11.5時間
バッテリー電池パック電池パック
接続端子Type CType C
通信速度
(ハイスピード)
下り最大:440Mbps
上り最大:30Mbps
下り最大:440Mbps
上り最大:30Mbps
本体色・ソニックレッド
・ピュアホワイト
・アクアブルー
・クリアホワイト
サイズ約幅11.1×高さ6.2×厚さ1.33cm約幅11.1×高さ6.2×厚さ1.33cm
重量約128g約128g
対応ネットワーク・WiMAX 2+
・au 4G LTE
・WiMAX 2+
・au 4G LTE

こうしてスペックを比較するとデザインが変わった程度でほとんど差はありませんが、WX05には新しい機能が搭載されています。

それは、以下の「WiMAXハイパワー」といった機能。

WX05 新機能

簡単に言うと「通信感度が良く」なりました。
確かにこれまでは室内など繋がりやすさにおいて不満に思うことがあったので、この改善は大きなメリットですね。

これから契約される方にとっては必然的にWX05を選ぶことになりますが、新しくなってしっかりと進化しているので安心してお選び下さい!

 

WX05のレビュー

  • 室内でも繋がりにムラがなくなった
  • タッチパネルの感度が良くなって使いやすくなった
  • クレードルが無くても固定回線が割として十分機能する

従来機種との比較になりますが、これまでと比べると通信感度と速度の安定感は明らかに良くなっています。

ブラウンジングや動画視聴に置いて繋がりにくさを感じることはなくなったし、室内で固定回線代わりとして使用していても繋がりにムラがなく、クレードルを使用していないにも関わらず何の不満もなく利用することができている事実。

クレードルは充電台にもなるしあれば便利ですが、少しでも費用をかけたくない方はまずはクレードルを購入せずに試してみるのはアリだと思いますよ。

クレードルは四千円程度しますが、後からでも購入できますからね。
僕は上記の方法を取って十分に使えたので、今でもクレードルを使用せずに使っています。

あとは、タッチパネルの感度も良くなって使い勝手がよくなりましたね。
WX03の頃とかちょっと使いにくかったですから・・・。

これでWiMAXは名実共にポケットWiFiにおいて優れたサービスになったと言えるでしょう。
自信を持ってオススメできるサービスですよ!

 

契約のポイントや気を付けること

  • 3年プランでLTEオプション料 (約1,000円/月)が無料
  • +600円ほどでギガ放題に
  • 重要なのはプランよりもプロパイダ

いつの間にやら登場していた3年縛り。
今は端末の質もあがってきているので、3年使用しても十分に現役として使えるかとは思いますが、常に最新の機種を使っていきたいもしくは2年以降で解約する可能性がある方は3年プランは避けたいところ。

反対に「何がなんでも電波を確保したい」といった人は3年で契約すればLTEが無料で使用できるので魅力的ですね。
ただしこのLTEオプションも無限に利用できるわけではなく、月に7GBまでの上限があるので注意が必要です。

また、7GBまでの縛りがなくなる「ギガ放題」は付けておいた方がお得ですよ。
7GBなんてすぐにいっちゃうし、7GBしか使わないのであればポケットWiFiを契約するメリットがあまり享受できませんからね。

 

そしてなにより重要なのはプロパイダ選び

ここまではそう難しいことではないのでいいんですよ。
肝心なのはこの次に説明する「プロパイダ」の違いや選び方です。

ここをしくじると、めちゃくちゃ損しますよ。
そして後悔しても2年ないし3年の縛りがあるから簡単に解約できないという罠。

というのもここまでで少し触れましたが、プロパイダによって契約プランや、料金方式がマチマチなんですよ。
キャッシュバックを加味すればTOTALコストを抑えられるプロパイダや、TOTALでは劣るけど毎月の支払いは安く抑えられるプロパイダなどなど。

そのキャッシュバックの受け取り方だってバラバラなんです。
「ほんとにキャッシュバックする気ある?」ってところだってあるくらいですからね。

ということで皆さんには、ご自身に合ったプロパイダを選んで欲しいのでそれぞれの特徴や、どんな人に合っているかを次で説明しますね!
一番大事な部分なので、しっかりチェックして選んであげて下さい。

 

プロパイダの違いと目的別のおすすめプロパイダ

キャッシュバックが多いプロパイダだったり、通常料金が抑えられているプロパイダだったり、端末が無料なプロパイダだったり、それぞれが特徴を付けて販売しています。

途中で上記のように説明させていただいたように、契約するプロパイタによって変わるのはキャッシュバックを含めた料金体系や、サポートの質やサイトの使いやすさなどのサービスの部分。

そのプロパイダの選び方が重要で、「何が何でも一番安く契約したい」といった人もいれば、「多少高くなってもいいからサービスという安心感にお金を払いたい」という人もいるわけで。
それぞれ自分に合ったプロパイダを選択することが重要になってくるわけですよ。

せっかく良いところまでたどり着いたのに、最後でミスをして後悔するのはさすがに避けたい。
なので、以下で目的別のおすすめプロパイダを紹介していきます。

3つのプロパイダを紹介するので、「これだ!」と思ったものを選んであげて下さいね。

 

キャッシュバックなんて面倒だから通常料金がお得なプロパイダがいい

Broad WiMAX

BroadWiMAX

  • TOTALコストより、毎月支払う金額を抑えたい

といった方に一番おすすめなプロパイダがこの「Broad WiMAX」です。
他のプロパイダだとキャッシュバックを設けて、通常料金ではなく長期利用した際のTOTALのコストを安くする形のプランが多いんですよ。

しかし、場合によっては「キャッシュバックされるよりも目先に支払う毎月の金額が安い方が嬉しい」といった人もいるわけで。

他にも「英語対応のコールセンター」を設けていたり、サービスの質にも力を入れているので安心して利用できるといった特徴があります。

その他のプランや解約金、解約のしやすさなどは他のプロパイダと大差ありません。
ということで毎月の支払を安く済ませたいならBroad WiMAX一択!

Broad WiMAX 公式サイト

 

何がなんでも最大限に料金を安くしたい

GMOとくとくBB

  • TOTALコストを極限まで下げたい

こういった方は、GMOのとくとくBB 一択です。
というのも、とくとくBBはキャッシュバックの金額がどのプロパイダよりも大きく、長期で見た時のTOTALコストを一番抑えられるんですよね。

毎月の払う金額は安くならないけれど、あとからキャッシュバックされるので実質は毎月値引きされているような形。
「お得」といた視点でみればこれが一番ですよ。

ただ、このキャッシュバックをもらえるのは約1年後。
そしてプロパイダのメールアドレスに届くので、キャッシュバックの手続きを行うのが少し面倒臭いといった注意点があります。

せっかくのキャッシュバックなのに、貰い忘れる可能性があるというのがとくとくBBの懸念点。
リマインダーに登録するなどして貰い忘れを無くすようにして下さいね!

ちなみにとくとくBBにはキャッシュバックなしで通常料金が安くなるプランもありますが、こちらはオススメしません。
というのもキャッシュバックでTOTALコストを最大限に抑えられるのがとくとくBBの魅力であって、そうでなければとくとくBBを選ぶメリットって薄いんですよ。

なんせ、僕も利用していたので分かりますがとくとくBBはサポートの質が悪い!
管理画面は使いにくいし、サポートは全然繋がらないし、たまたまかもしれないけどサポートの対応も微妙でした。

解約もし辛いんですよね。解約期間もシビアだし。
「それでもコストを抑えたいんだ!」って人だけ、とくとくBBを選ぶようにしてあげて下さいね。

キャッシュバックが大きく、一番お得にWiMAXが契約できるといったメリットはあるので!

GMOとくとくBB 公式サイト

 

受取りやすいキャッシュバックでトータルのコストを安く抑えたい

BIGLOBE WiMAX 2+

「BIGLOBE WiMAX 2+」

  • TOTALコストは抑えたいけど、キャッシュバックの受け取り忘れは絶対に避けたい 

こういった方にはキャッシュバックの受け取り忘れがおきにくいBIGLOBE WiMAX2+が圧倒的にオススメです。

というのもBIGLOBEはキャッシュバックのメールがプロパイダアドレスと連絡先アドレス両方に届くし、手続きができる期間も45日と長いので、と〇とくBBのように受け取り忘れが起きる可能性がめちゃくちゃ下がるんですよ。

受取れないキャッシュバックより受け取れるキャッシュバック。
最悪パターンである「キャッシュバックを受け取れなかった」ということだけは避けたいですからね。

ちなみに僕も同じ利用でBIGLOBEを選んで、現在も使っています。
管理画面も見やすくて使いやすいし、サポートに連絡した時も繋がりやすく丁寧に対応してくれたので今後も長く使っていこうと思っていますよ!

クレジットカード払いがキャッシュバックの金額が大きくお得なので、クレカで払ってしっかりキャッシュバックを受け取っちゃいましょう。

BIGLOBE WiMAX2+ 公式サイト

 

まとめ:プロパイダ選びさえ間違えなければWiMAXは不満なく使える

正直他にもWiMAXのプロパイダはあるけどほんと微差で特徴がないプロパイダが多いので、細かく調べて消耗するくらいならピンときたプロパイダを選んでさっさと契約しちゃうのが吉ですよ。

基本的にここでおすすめしたプロパイダを選んでいただければ、大怪我をすることがないのは保証します。
お得そうな情報やキャッチーなフレーズに騙されて、変なプロパイダで契約しちゃうことだけは避けて下さいね。

くどいようですが回線自体はどのプロパイダで契約しても変わらないので、料金面やサポート面で自分が大事にしたいポイントを考えて選んであげて下さい。

後悔しない選択をして下さいね。

長いですが、最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました